神戸市感染症発生動向 平成27年11月9日~11月15日

神戸市感染症発生動向
【感染症週報】第46週 平成27年11月9日~11月15日 (指定病医院で1週間に診断された、1施設当たりの患者報告数をお伝えします)

【発症数上位5疾患】

発症数上位5疾患・感染性胃腸炎・A郡溶血性レンサ球菌咽頭炎・咽頭結膜熱・RSウイルス感染症・水痘

感染性腸炎

感染性胃腸炎の報告数が増加しています。適宜、流水と石けんを用いた手洗いを心がけましょう。(詳しくはこちら…感染性胃腸炎
流行性角結膜炎(はやり目)の報告数も増加してきています。感染力の非常に強いアデノウイルスが病原体であり、成人を中心に全年齢層で発症します。手洗いや消毒用アルコールなどによる手指消毒、タオルや洗面器具を使いまわさないなどが感染予防として重要です。

投稿日:2015年11月30日|カテゴリ:感染症情報