神戸市感染症発生動向 平成27年11月16日~11月22日

神戸市感染症発生動向
【感染症週報】第47週 平成27年11月16日~11月22日
(指定病医院で1週間に診断された、1施設当たりの患者報告数をお伝えします)

【発症数上位5疾患】

発症数上位5疾患・感染性胃腸炎・A郡溶血性レンサ球菌咽頭炎・咽頭結膜熱・RSウイルス感染症・水痘

感染性腸炎

感染性胃腸炎の報告数が増加しています。
神戸市では感染性胃腸炎患者数が、医療機関当たり10人を超え、11月20日にノロウイルス食中毒注意報が発令されました。
ノロウイルスは感染力が非常に強く、冬季に流行する代表的な病原体であります。今後、手洗い・消毒など、感染症対策も心がけてください。(詳しくはこちら…感染性胃腸炎
神戸市「ノロウイルス食中毒注意報の発令について」
http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2015/11/20151120136601.html

投稿日:2015年11月30日|カテゴリ:感染症情報