神戸市感染症発生動向 平成27年11月30日~12月6日

神戸市感染症発生動向
【感染症週報】第49週 平成27年11月30日~12月6日
(指定病医院で1週間に診断された、1施設当たりの患者報告数をお伝えします)

【発症数上位5疾患】

発症数上位5疾患・感染性胃腸炎・RSウイルス感染症・A郡溶血性レンサ球菌咽頭炎・伝染性紅斑・水痘

感染性腸炎

感染性胃腸炎RSウイルス感染症の報告数が増加し、インフルエンザの報告が出だしてきています。これらは冬に流行する感染症として知られています。今後、気温が低下して、空気が乾燥するとさらに患者数が増えることが予測されます。石けんと流水による手洗いや、マスク着用などの咳エチケットに努めてましょう。
(詳しくはこちら…感染性胃腸炎インフルエンザ

投稿日:2015年12月14日|カテゴリ:感染症情報