当院で扱う主な疾患

内科の疾患

呼吸器内科の疾患

循環器内科の疾患

  • 狭心症・心筋梗塞
  • 心不全
  • 不整脈

消化器内科の疾患

禁煙外来

喘息(ぜんそく)外来

在宅診療(往診)

アトピー性咳嗽

アトピー咳嗽はどんな病気?

1989年に日本から提唱された新しい疾患概念で、気管支喘息のような呼吸困難発作は認めないが、咳だけが長く続く病気です。アレルギーの関与が強く、のどに掻痒感(かゆみ、イガイガ感)を伴った乾いた咳を認めます。中年女性に多いと言われています。咳喘息と症状などはよく似ていますが、気管支拡張薬が効果を示さない点が大きく異なります。

アトピー咳嗽の症状

喘鳴(ヒューヒューいうような呼吸)や呼吸困難発作がなく、のどに掻痒感(かゆみ、イガイガ感)を伴った乾いた咳が唯一の症状です。エアコン、タバコの煙、会話(電話)、運動、精神的緊張などにより咳が誘発されやすく、時間帯としては、就寝時、深夜から早朝、起床時、早朝の順に多く認められる、といった特徴があります。こうした症状は咳喘息とよく似ています。

アトピー咳嗽の原因

咳受容体の感受性が亢進していることが原因と考えられます。気道に存在する咳受容体が刺激されると脳に信号が伝わり、咳をするように命令が出されます。この感度が上がっているため、通常では反応しないようなわずかな刺激(タバコの煙や会話など)によって、必要以上に反応してしまい、咳が誘発されます。

アトピー咳嗽の検査と診断

胸部レントゲン検査や呼吸機能検査にて異常が認められないことを確認します。さらにアトピー素因を、血液(末梢血好酸球数、総IgE値、特異的IgE抗体など)、皮膚テストなどで調べていきます。

診断は治療的診断を行います。すなわち、咳喘息に有効な気管支拡張薬が無効でることを確認することで咳喘息を否定したのちに、ヒスタミンH1受容体拮抗薬やステロイド薬が有効であった場合に、治療的に診断します。

アトピー性咳嗽の簡易診断基準

以下の①~④のすべてを満たす

  1. 喘鳴や呼吸困難を伴わない乾いた咳が3週間以上持続
  2. 気管支拡張薬が効果を示さない
  3. アトピー素因を示す検査所見もしくは痰に好酸球(アレルギー細胞)の増加を認める
  4. ヒスタミンH1受容体拮抗薬 又は/および ステロイド薬にて咳嗽が消失

アトピー咳嗽の治療方法

ヒスタミンH1受容体拮抗薬が第1選択薬となり、その有効率は約60%とされています。効果不良の場合には吸入ステロイド薬の追加を行います。それでも効果を示さない場合には、1~2週間程度の経口ステロイド療法を行います。

アトピー性咳嗽は咳喘息と異なり、将来的な喘息の発症や、呼吸機能障害の進行はほとんどないと考えられているので、咳がよくなれば治療の中止は可能です。ただ、治療終了後数年で約半数の患者さんで再燃するといわれております。その場合には同じ治療を行うことで軽快していくことがほとんどです。